お役立ち情報

【挫折を1mmも気にしないでいい理由】玄米初心者が挫折しやすい理由と対処法

玄米をはじめたものの、途中で挫折した経験のある方も多いと思います

でも、挫折したからって1mmも気にすることはないです

ちなみに、8年以上玄米を続けてる私自身も、挫折した経験は何度かあります

最初のうちは固くてボソボソして、玄米独特のにおいが慣れなくて、だんだん炊く気がなくなって白米に戻していました

玄米がおいしく炊けなくて挫折して経験話

過去、挫折した時には「続かないなぁ…」とか、「またダメだったか…」と落ち込む気持ちもありましたが、今になって考えれれば玄米のことをなにも知らずに始めたのだから、挫折するのも仕方ないよなぁ…とも思います

そこで今回は私自身の体験をもとに、今だからこそ分かる玄米初心者が挫折しやすい理由とその対処法について解説いたします!

▼▼▼▼▼この記事を書いた人▼▼▼▼▼

理由①:そもそも、玄米と白米は別物といっていいほど違う

玄米と白米では調理方法が違う

玄米と白米では調理方法が違う

そもそも、玄米と白米は別の食材だといってもいいほど調理方法が異なります

これに私が気づいたのは、外食でおいしい玄米ごはんのお店にいった時、

スタコジ

(なんでお店で食べる玄米ごはんっておいしいんだろう…?)

というギモンが湧いてきたのがきっかけです

でも、家で炊く玄米はおいしくない…

気になって色々考えたり、調べたりしたりするうちに、

スタコジ

もしかして白米と同じ感覚で炊くからおいしくないのかな?

という結論にいたりました

玄米には玄米の炊き方がちゃんとある

正しい炊き方で炊いた玄米

白米と同じように研いで炊飯器にセットして炊きますが、やはりイマイチおいしくない…

よく挫折してた頃はこれの繰り返しでした

根本的に、白米とは調理方法がそもそも違うんです

そこでちゃんと炊き方を調べて実践していくうちに、玄米には玄米の炊き方がちゃんとあるのだと気づいてからは、だんだんとおいしく炊けるコツを掴んでいけました

まず正しい炊き方を知ると、挫折する確率がグッと減る

ストウブで炊いた玄米

白米と違って玄米はぬか層という外皮に覆われています

このぬか層こそ玄米の栄養が詰まった重要な部分なのですが、同時に、そのままでは固くて食べづらい部分でもあるので、どうしたらぬか層をおいしく調理できるかを考えるのが重要です

結論としては、

  • 白米以上に水に浸ける
  • 塩をひとつまみ入れる
  • 強い圧力で炊く

この3つを意識することで玄米はおいしく炊き上げることが可能です

おいしいと思える玄米が炊けたら、それだけで挫折する可能性はグッと減ります

玄米をおいしく炊くコツはコチラ

理由②:初心者はいきなりハードルが高いことに挑戦しがち

初心者がいきなり酵素玄米を手作りするのはハードルが高い

あと私の場合、いきなりハードルが高そうなことに挑戦していました

ハードルが高いというのを具体的にいうと、

  • 酵素玄米(寝かせ玄米)
  • 最初から毎日玄米を食べはじめる

こういうことです

まずは普通の玄米をおいしく炊いてみよう

たとえば酵素玄米は、玄米を1日~2日ほど浸水して発芽させた玄米を炊き、さらに3日間保温して作る食べ方です

つまり、完成までに4~5日もかかるわけです

もちろん興味があってやってみることは大事ですが、専用の道具もノウハウも少ない初心者がいきなりやるにはハードルが高いんですよね

実際、私も最初のうちにやったことありますが、やっぱり長続きしませんでした

スタコジ

正直、「これでいいのかな?」ってずっと感じていて、正解がわからないストレスがありました。

それよりかは、まず普通の玄米をおいしく炊けるようになって、次のステップとしてやってみる方がおすすめです

酵素玄米について詳しくはコチラ

味が気になるならまずは気軽に試してみよう

酵素玄米(寝かせ玄米)のごはんパック

それでも最初のうちから酵素玄米が気になってるなら、まずは手軽に使えるごはんパックがおすすめです

1個あたり300円程度で気軽に試せますし、合わなかったとしても専用の炊飯器や道具を揃えるよりも合わなかった時の出費を大幅に減らせます

おすすめのごはんパックはコチラ

酵素玄米ごはんパックのコスト比較

理由③:長続きしてる人ほど、実はうまく休んでいる

玄米歴が長い人ほど、実はうまく休んでいる

もうひとつ初心者のうちによくあるのが、最初から毎日玄米を食べようとしちゃうことです

たとえば、東洋医学マクロビオティックでは玄米食が推奨されているのをなんとなく知っている方も多いかと思います

推奨されてるから毎日食べたほうがいいだろうって思い込みがあると思います

ですが、実際は逆です

長年続けている人ほど時には好きなものを食べて、玄米をうまく休んでいたりします

快楽食という考え方

快楽食…食欲や息抜きを否定せず、時には好きなものを食べてもいいという考え方

無理せず好きなものを食べていいという考え方は快楽食と呼ばれています

ダイエットをしたことある方ならチートデイと言い換えるとわかりやすいかもしれません

東洋医学やマクロビでは食事を通じて体質改善を目指すという考え方が根底にあります

その中で、たまには「別のものを食べたい」とか「たまには息抜きしたい」という人間の欲求も否定せず、受け入れ考え方が快楽食です

快楽食とはどのようなものですか?
㈱結わえる公式ページ内・よくあるご質問より

おすすめは、まずは1日1食からはじめてみる

お椀一杯の玄米

いきなり毎日・毎食玄米を食べるというのはかなりハードルが高いので、まずは気軽に1日1食からはじめてみることです

そういう意味でも手軽に使えるごはんパックとか、ぜひ便利なアイテムの活用をおすすめします

寝かせ玄米を3900円→500円で注文する方法!解約方法も図解付き徹底解説!【結わえる 寝かせ玄米ごはんパック】 この記事の内容… 寝かせ玄米ごはんパックについて紹介 初めての方にもわかりやすく図解入りで紹介 おすすめは定期便...

そして時には快楽食として好きなものを食べて、精神的な負担をかけないようにはじめてみましょう

2日に1食、3日に1食でもOK

1日1食がちょっとキツいという方は2日に1食、3日に1食でもまったく問題ありません

玄米は食べてすぐに劇的な変化があるものではないので、まずは自分のペースを作ることが重要です

自分のペースを作って続けるコツについてはこちらもぜひご参考ください▼▼▼

玄米を続けるコツは?一日一食続けるコツ+基本食の考え方について解説! こんにちわ!ゆる玄米.comの運営者・スタコジと申します! 自身でも一日一食玄米を続けて8年ほどになります スタコジ モッ...

まとめ

私の場合、玄米と白米は食材として別物なんだと思うようになってから、考え方や調理の仕方がちょっとずつ変わっていきました

今になって思えば、ある種の転機だったと思います

今回はそんな経験談も交えて、初心者がやってしまいがちな失敗や勘違いについて紹介しました

逆をいえば、過去に挫折経験がある方も、玄米に対する認識をちょっと変えるだけで挫折の可能性を減らせることができます

「また続かなかった…」

「自分は意思が弱いのかな…」

なんて落ち込む必要は1mmもありませんよ

玄米食継続に役立つおすすめ書籍5選 こんにちわ!本ブログを運営しているスタコジと申します 今回は私が実際に読んできて、これはイイと思った玄米食に役立つおすすめ書籍を...
【保存版】玄米を選ぶ時のポイントは?もう失敗しないお米の選び方 こんにちわ!スタコジと申します! 今回は失敗しない玄米の選び方について紹介します 結論から言いますと、失敗しない玄米選びの...
低アミロース米って?玄米でもふっくらモチモチでおいしく食べられる低アミロース米について解説 ▼▼▼▼▼この記事を書いた人▼▼▼▼▼ こんにちわ!ゆる玄米.comを運営しているスタコジと申します! この記事で...

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです

スタコジ

シェアやコメントもらえると更新の励みになります!

ツイッターやインスタでも日々の出来事やお役立ち情報を発信してますので、ぜひフォローお願いいたします▼▼▼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA