お役立ち情報

低アミロース米って?玄米でもふっくらモチモチでおいしく食べられる低アミロース米について解説

▼▼▼▼▼この記事を書いた人▼▼▼▼▼

こんにちわ!ゆる玄米.comを運営しているスタコジと申します!

この記事ではふっくらモチモチした食感の低アミロース米について解説いたします

低アミロース米を活用すると、

  • お米が柔らかく、もちもちに炊ける
  • 玄米が硬くならず、食べやすくなる
  • 冷めても硬くならず、おいしく食べられる

といったメリットがあるので、硬いお米が苦手な方、玄米をよりおいしく食べたい方にオススメのお米です!

玄米は「硬い」というマイナスイメージが強い

玄米を続けるうえで遭遇しやすい問題が、「硬い」というマイナスイメージです

スタコジ

私自身も1日1食玄米を続けて8年以上になりますが、正直、硬くてボソボソとした玄米は苦手です…

実際、新潟青陵大学短期大学が行った玄米のイメージアンケートでは、1位に「健康に良い・栄養価が高い」と44.5%の人がポジティブな回答し、次いで2位に「硬い」と22.5%の人がネガティブな回答が見られました

DFP(ダイヤモンド・フラット・ポリッシュ)玄米の官能評価および購入意識調査

新潟青陵大学短期大学部研究報告 第43号(2013)

スタコジ

「硬い」は玄米のマイナスイメージの上位だといえます。

ふっくらモチモチに炊ける低アミロース米を活用

ふっくらと炊けた玄米

そこでぜひ活用をおすすめしたいのが低アミロース米です

アミロースの含有率が低いお米にはふっくらモチモチとした食感になる特徴があるので、玄米を炊いた時にも硬くボソボソした食感を和らげてくれる効果があります

アミロースってなに?

低アミロース米のアミロースとは、お米に含まれるでんぷんの一種です

私たちが普段食べるお米(うるち米)のでんぷんは、約20%がアミロースという成分で、残りの約80%がアミロペクチンという成分でできています

低アミロース米とは、このアミロースが少ないお米のことです

アミロースが少ないと、ふっくらモチモチになる

でんぷんの成分はお米の硬さと粘りに関係して、アミロースが多いと硬くボソボソして、少ないと柔らかくもちもちする性質があります

アミロースはアミロペクチンよりも保水性が少なく、お米の中に水分を保つのが得意ではないため、食感がボソボソしやすくなります

スタコジ

これはでんぷんの分子構造が関係してます。

アミロペクチンの方が枝状のちょっと複雑な構造をしていて、水分を保ちやすく、粘りが出やすいんです。

アミロースとアミロペクチンの分子構造の図解

画像提供:イラストAC

アミロースが多いインディカ米

分かりやすい例を挙げると、アミロースが多いのがエスニック料理で使われるインディカ米です

アミロースの多いインディカ米
スタコジ

炊いてもパラパラとして粘りも少なく、ピラフやカレーには向きますが、おにぎりなどには向きません

アミロースをまったく含まないもち米

インディカ米と対照的な例がもち米です

アミロースを含まないもち米

もち米はアミロースをまったく含まず、でんぷんの100%がアミロペクチンでできています

スタコジ

そのため粘りと保水性が強く、ご存知のように食感もモチモチになります。

冷めてもおいしく食べられる

冷めてもおいしい玄米おにぎり

低アミロース米のもうひとつのメリットが、保水性が強いので冷めても硬くなりにくく、時間がたってもおいしく食べられます

そのため、玄米をおにぎりやお弁当で食べたいという方にとっても低アミロース米はオススメです

低アミロース米とは…

  • 含まれるアミロースが少ないお米のこと
  • アミロースとはでんぷんの一種
  • 通常のお米はアミロースが約20%、アミロペクチンが約80%含まれる
  • アミロースが少ないと、ふっくらモチモチ食感になる
  • 冷めてもおいしく食べられる

低アミロース米の注意点

ふっくらモチモチで、冷めてもおいしい低アミロース米ですが、食べるうえでいくつかの注意点もあります

ピラフやチャーハンには不向き

品種や産地によって違いはありますが、低アミロース米はどれも粘りが強い傾向があるので、ピラフやチャーハンなどパラパラさせたいお米料理には向きません

同じ理由で、お寿司の酢飯なども場合によってはあまり相性がよくないことも

スタコジ

パラパラにしたい、酢飯に使いたい時にはササニシキつがるロマンなど、あっさりした品種がおすすめです。

分解が早く、血糖値がすぐ上がりやすい

もうひとつの注意点が、低アミロース米は普通の白米に比べてでんぷんが分解されやすく、血糖値が早く上がりやすい特徴があります

スタコジ

アミロースが少ないということは、アミロペクチンが多いということ。

実はアミロペクチンの方が早く分解されやすいのです。

これは低アミロース米に限った対策ではありませんが、血糖値の上昇を気にされる方はゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう

玄米でおいしいおすすめの低アミロース米

玄米専用の品種:金のいぶき

金のいぶきは全国でも珍しい玄米専用に開発された品種で、ふっくらモチモチの低アミロースに加えて、通常の3倍の大きさの胚芽にはGABAやビタミンが豊富に含まれます

健康志向・玄米食の高まりも相まって、玄米専用の金のいぶきはごはんパックなど気軽に使える関連商品が多いのもおすすめしたい理由のひとつです

スタコジ

まずは試してみたい時にはごはんパックがおすすめ。1パックあたり155円~200円程度でお試しできます。

▼▼▼金のいぶきおすすめごはんパック▼▼▼

冷めてもおいしいの代名詞:ミルキークイーン

次におすすめなのがミルキークイーンです

全国的に広く栽培されていて種類も多く、コシヒカリ系のもっちりとした粘りがあります

低アミロース米の特徴である冷めてもおいしいうえ、甘味と風味も強いのでおにぎりやお弁当に絶大な人気を誇る品種です

スタコジ

おにぎり、お弁当用ならダントツでおすすめ!

炊きたてもおいしいですが、むしろ冷えてからが本領を発揮します。

粘りと風味が強い:おぼろづき

3つ目は北海道の品種であるおぼろづき

北海道といえば比較的あっさりとしたお米のイメージがありますが、おぼろづきも粘り・風味が強くて低アミロース米の特徴をしっかり感じられます

スタコジ

個人的にも大好きな品種!食べ飽きせず、普段使いに最適です。

低アミロース米をおいしく食べるポイント

低アミロース米をおいしく食べるポイント

最後に、紹介してきた低アミロース米をおいしく食べるポイントについて紹介します

水加減を少なめにする

低アミロース米は水加減を少なめにする

低アミロース米は保水性が高く粘りもあるので、通常のお米よりは少し水加減を控えるのがおすすめです

目安は玄米なら通常は1合あたり220cc~250ccほどですが、低アミロース米ならちょっと少なめの180cc~200ccくらいに控えます

炊飯器の目盛りなどがある場合は目盛りより少し低いくらいに調節しましょう

スタコジ

この記事が玄米が苦手な方、ふっくらモチモチがお好きな方の参考になれば嬉しいです!

玄米に合うおすすめ雑穀7選!グルテンフリー、余った時の対処法もご紹介! こんにちわ!当サイトを運営しているスタコジと申します! 今回は玄米に混ぜて栄養価も食感もアップする雑穀について紹介します ...
玄米を続けるコツは?一日一食続けるコツ+基本食の考え方について解説! こんにちわ!ゆる玄米.comの運営者・スタコジと申します! 自身でも一日一食玄米を続けて8年ほどになります スタコジ モッ...
子供の正直な反応は?ファンケル発芽米レビュー【手間・価格ともに普段使いの最適解】 こんにちわ!スタコジと申します! 自身も玄米を食事に取り入れて8年になる玄米好きアラサーです 私には子供が2人いるのですが...

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです

スタコジ

シェアやコメントもらえると更新の励みになります!

ツイッターやインスタでも日々の出来事やお役立ち情報を発信してますので、ぜひフォローお願いいたします▼▼▼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA